読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいむすこはずるい。

2016年春に息子が生まれました。

息子が1歳になろうとしている

息子が1歳を迎えようとしている。

ということはあの天変地異の出産劇から1年が経ったということになる。出産自体もノストラダムスだったが「妊娠→出産→産後→0歳児を死なせない」という一連の人類増産ミッションが”難易度NIGHTMARE”だったので、プレイレビューを薄れゆく記憶の却録として、ここに書き残しておく。

[妊娠パート]
・顔を見たことも、会話をしたことも無い人(そもそも人にもなっていない)を「世界で1番愛すべき」と啓蒙されるが、到底無理。

・私が何かをすると(階段を降りるなど)あるいは何かを怠ると(栄養が足りないなど)一人の人間が死ぬかもしれない、という恐怖が24時間×9ヶ月ほど続く。スペランカーよりひどい。

・妊娠アプリから「この時期は心臓が形成されています」などと教えてもらうが、私は人間の心臓の作り方がわからないと錯乱。ちゃんとできているのかを確認する術はない。

・肉体が謎の生物に乗っ取られているので言動がおかしくなる

・体型、体質、骨格までもが強制改造される

・メンタルは史上最弱。中二以下。

・一人になることが物理的に不可能。I'm Not alone,but lonly.

・重い。自分が重い。ねぇ〜重い〜持って〜は女子の特権ではなかったのか。持ってくれよこの腹を。デブはかかとが痛くなると知る。

・持病の腰痛が過去最高レベルに達し、産後半年ほど痛みの記録がnew!になる。

・どうしてもボクシングがしたかったので時々ジム行ってた(誰にもお勧めできません)

・「恥」の閾値がバグる。出会って3秒の人に生乳首をグリグリされてもピクリともしない。

[出産パート]
・いざ臨月。いざ予定日。さてここまできたものの産み方がてんでわからず、夜な夜なネット「出産 方法」と検索

・破水?→病院にいって診察してもらうも尿漏れ

・破水!!!!!→おまた大洪水。床にしたたるほどにぬれぬれ。しゅごい。

・陣痛30時間。引き続き、産み方は不明。

・陣痛が長引いている妊婦の側で旦那様はスマホをいじってはいけません。うとうとして眠れそうなタイミングで聞いたLINEの通知音は地獄のレクイエム(一生言います)

・産み方、ついにわからず。帝王切開となる。神は人類を設計ミスされたと痛感。あんな穴から人間が出てこれるかジーザス!

・陣痛は痛くなかった。なぜなら帝王切開後が痛みの記憶を塗り替えたから。わーい日本新記録だー!とお茶の間が湧いた次の瞬間、ボルトが軽く流して世界新記録を大幅に更新、そんな感じ。

・・・・ここで日記は途絶えている

[産後]
・メンタル不安定で箸が落ちても泣ける。産後、私が流した涙は岡山の田畑を潤し作物をすくすく育て、吉井川を伝って瀬戸内海に流れてゆき、近年まれにみる巨大渦潮を頻発させ、観光客は大喜び。涙の渦は鳴門の経済を活性化し、その後太平洋沖にまで到達、膨大な塩水によってある小さな南の島が一つ水没してしまったという。島民は避難していたので全員無事だったそうです。

・おっぱいのサイズが叶姉妹

・今なら言えるけど生まれたての我が子は可愛くなかった

マズローっていう偉い人が言ってたみたいなんだけど、人間の欲求?「生理的欲求→安全の欲求→所属と愛の欲求→承認の欲求→自己実現の欲求」?ふーん。んで?寝れない・食べれない・歩けない・トイレ行けいの母乳を搾取される奴隷はどこのポジションっすかね?(鼻ホジホジ)

・産後1ヶ月ほど経ってはじめて一人でスーパーへ行った時は感動のあまり「はぁぁ世界は広い」ってレトルトカレーの棚の前で泣いた。

・二人目について、マジなトーンで夫に「男は本当に産めないのか?」と詰問する。私はもう無理。

[0歳児を死なせないパート]
ティッシュ1枚が凶器になるやん。

・なんでこいつこんな状態で外界に出てこようと思ったのか。

・脳にステータス全フリして大ギャンブルかました虚弱生命体である人類が、なぜ73億人も存在しているのか意味がわからない。

・犬はすばらしい(生後3週間で離乳し9ヶ月で成犬に)

・カレンダーを見つめて次の月齢までをカウントダウン。

・生まれてすぐに7歩も歩いて「天上天下唯我独尊」と言ったという逸話の、偉業が偉業たる所以がようやく理解できる。そら数世紀にも渡ってレジェンドとして語り継がれるわけだぜ釈迦!

・カツラ30個分ほどの髪の毛が抜けた。

・体重は59kg→46kgへ。え?産後ママの体型を戻す秘訣?いえ、本当になにもしていないんですよ。えぇ、ただ、腹を裂いて産んで、大量出血して、寝れず、食べれず、泣きながら家の中を赤ん坊を追いかけて這い回っているだけなんですぅ。うふふ。ちょっと鬱病入ってるかなぁって。

・我が家が精神と時の部屋化する。

・「感動」と「可愛い」の価値がジンバブエ並に。

・「君の名は」「シンゴジラ」「この世界の片隅に」をすべて見逃す。

・逃げ恥を予約録画していたレコーダーのコンセントを息子が抜いたため、最終話が録画されていない。

・インターネットありがとう。

・今は死にたくねーなーと心底思う(人生初)

・人生について真剣に考える(人生初)

・若さとは偉大である(真骨頂)

・可愛いは正義(悟り)

ーーー
0歳児とひとくくりにしても例えば3ヶ月と6ヶ月では全くの別人で、息子と息子を見守る我々夫婦にとって、この1年はとんでもなくエキセントリックだった。

一瞬一瞬が大冒険、チャレンジと学びの連続で、彼にとって、たった20センチの段差が断崖絶壁、すりおろしたリンゴがシュールストレミング、回る洗濯機が大怪獣で、私の姿が見えなくなることはすなわち世界の終わりだったのだ。

人間の記憶とはうまくできている。痛さと辛さ。眠れない食べれない。不満と不安。閉塞感と疎外感。正確にそれらを記録していたら、この1年はほとんどネガティブな呪怨に埋め尽くされていたに違いない。

が、ファンタジーな記憶の方をたどれば、息子の澄んだ瞳と、私に向けられた満面の笑み、泣いた転んだ初めて出来たと、愛にあふれる素敵で平凡なホームビデオの完成です。

私がいつか老いて死の間際に立った時、思い返して取り戻したいと神龍に願うものは、今この時であるに違いないのだろううなと思う。

悔しい。